森川葵×城田優ダブル主演「文学処女」火曜日 深夜1:29〜 第6話 あらすじ

テレビ comments(0) trackbacks(0) まりりん

JUGEMテーマ:今日の日記

 

 

 

加賀屋(城田優)の本音を聞いてショックを受ける鹿子(森川葵)。そんな鹿子に「俺は大事にするよ」と告白する望月(中尾暢樹)。しかし、加賀屋に鹿子を連れ去られてしまう。
そんな望月を複雑な気持ちを抱えながら励ます暁里(古賀哉子)。矛盾した行動ばかりの加賀屋に、鹿子は「先生が好きです」とまっすぐに気持ちを伝える。加賀屋も正直に自分の気持ちを告げる。想いを確かめ合った二人は、共に夜を過ごすために加賀屋邸へと向かった。
一方、三島(河原雅彦)に呼び出された光稀(泉里香)。そこで語られる加賀屋の過去とは──?

 

 

 

口コミ・評判の森

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM